本年度の 大学講義は オンライン

5\29(金)は毎年恒例の「日本大学松戸歯学部2年生の組織学」の講義・実習で出講してきました。

今年は6月現在、新型コロナウイルスの影響で、全学年オンライン授業を行なっています。

組織学実習の顕微鏡でのスケッチもできず、人体の基礎を学ぶ貴重な学習の機会を失ってしまった今年の二年生を不憫に思います。

講義内容は「内分泌系」でした。

聞いてくれているはずの学生を思い浮かべながら、「解剖学・組織学の勉強のコツ、歯医者の仕事の実際」などなど、少し脱線しながら激励の気持ちで講義をしました。

相手の顔の見えない不思議な感覚の講義で、終わった後に少し虚しさが残りました。今後、様々なシーンでこのようなオンライン講義や講座も増えてくることは間違いありません。

オンラインで話を伝える、良い勉強になりました。

間も無く学生たちも大学に戻ってきます。体温測ったり、厳戒態勢の中の通学が続くのでしょう。

混乱なく、落ち着いて学べるような環境にいち早く戻れるといいですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中